インフォメーション

2017-06-05 07:23:00

荒海山への登山について

昨朝、荒海山への登山のため来訪された方が、早朝から灯りのつく健康市場に立ち寄られて、表題の「荒海山への登山」について尋ねられました。

 

国道からの登山道方面への進入口には「荒海山への入山禁止」看板が立っています。

 

南会津町の観光情報では、2015年の被災後、「豪雨災害での南会津の山及び湿原への入山禁止について」という案内が出たままですので、旧登山道は危険の伴う荒れた状態であるかと思います。

 

2015年の豪雨災害において、キャンプ村への町道も土砂崩れで一時寸断するほどの状態でしたので、圃場や河川復旧を優先するゆえに、未だ、登山道の整備がされていないのも致し方ないのですが、昨日のように、最新の情報が無いと、せっかく予定をたてて南会津へ来訪される方をがっかりさせてしまうように感じましたので、お知らせさせていただきました。

 

ネット検索してみましたら、災害後は、健康市場やキャンプ村、八総鉱山跡地前の町道を進んで、旧登山口から登山道に入るルートではなく、道の駅「番屋」近くのチェーン脱着場(駐車)から、戸坪沢登山口より荒海山へ登山されるルートが専門サイトで紹介されていました。

 

参考:ヤマケイオンライン 「荒海山2016」

 

ただ、あくまでも入山禁止であるため、自己責任での注意深い行動、入山決定をされていただきたいと思います。

それでなくとも、荒海山はその名のように荒れた海のように危険が多い山のようです。(登山経験はありませんが(^_^;)

 

いずれにしても、お気をつけて南会津での素敵で楽しいひとときをお過ごしくださいませ。