インフォメーション

2017-09-07 18:13:00

X2.2、X9.3の大規模フレアが発生しました。X9のフレアは11年ぶりです。

明日8日の午後から夜にかけて放出されたエネルギーが地球に到達するそうです(^_^;)

 

電磁波過敏症の方は、すでに体調を崩されていると思います(私も含めて)。

特に強い磁力で体温や免疫力が低下しがちですので、アレルギー症状の悪化や過敏性の高まりがあると思われます。

電子機器などにも影響があるようですので、明日の午後からは念のため大切なデータが入ったパソコン類は、バックアップをとったり、接続ケーブルをはずすなど対応するのが良いという有識者もいらっしゃいます。

 

とにもかくにも、全地球的に大きな電磁波曝露となると予測されています。

覚悟して、穏やかに過ごしましょう。

 

 

詳しくは宇宙天気ニュースを参照ください。(以下、同サイトより転載)

 

昨日の夕方、6日18時(世界時6日9時)に、
太陽の南西(右下)の2673黒点群で、
X2.2の大規模フレアが発生しました。

Xクラスのフレアの発生は、
2015年5月5日のX2.7以来、2年4か月ぶりのことで、
このフレアだけでも驚いたのですが、
直後の6日21時(世界時6日12時)になると、
更に激しいX9.3の大規模フレアが発生したのです。

X9に達するフレアは、
2006年12月5日のX9.0以来で、11年ぶりのことです。
2006年は、まだ前の活動周期である第23期の後半です。
従って、今回のフレアは現在の第24期最大規模のフレアになります。
(これまでの最大は、2011年8月9日のX6.9でした)