インフォメーション

2018-01-01 11:11:00

あけましておめでとうございます(^0^)/

新しい1年が始まります。

(私的な)正しい暦(月暦)の新年は2月16日に迎えます。

冬至も過ぎて日は延び、春に向けて心と体の養生に専念しましょう。

 

今月は満月が2度あり、地球にとても近く大きなお月様(スーパームーン)を反射鏡にして、とても強いエネルギーに包まれます。

深い眠りから覚醒するかのように、自らの使命、学び、人生のテーマ、そして、深い闇のベールに包まれてきた真実に気づきはじめる人々が、さらに増えることでしょう。

とても楽しみです(^0^)/ 玄米菜食で波動を高め、のんびり穏やかに笑顔を絶やさずに勇気をもって暮らす「最大の努力」をし続けましょう!

 

 

 

余談:私(池谷)の個人的な2018年からのライフテーマは「農と芸術の共同体=イーハトーブ」です。

具体的にはこれからプランシートを構築したいと思います。春にはアクションプランに仕上がっているでしょう。

私自身、肉が子供の時は食べられず、特に脂身は飲み込めず給食で苦労を重ね、思春期に克服したものの苦手で、過敏症になってからは、ゆる〜いベジタリアン/ヴィーガン(外出先で出されたら感謝して食べる対応)でしたが、今年からは宮沢賢治師に少しでも近づけるように「ベジタリアン(ヴィーガン)宣言」し、徹底します!

 

「私は春から生物のからだを食ふのをやめました——」


詩人であり童話作家である宮沢賢治は、生き物の悲しみへの直感からベジタリアンとなった。

自耕の砂畑でハクサイ、アスパラガス、トマト、カリフラワー、キャベツ、トウモロコシなどを栽培し、豊かな菜食生活を送る。

「宮沢賢治の菜食思想」鶴田静著より)

 

宮沢賢治がベジタリアンになった動機は、書物や人からの言葉によってではなく、殺されて食べられるどうぶつの悲しみを感じたからでした。


幼い頃から虐待されたり殺されるどうぶつをかわいそうに思う精神があった上に、その様子を目の当たりにしたことで、自分の命をつなぐためにどうぶつの命を奪い、犠牲にしてはいけないという考えがはっきりとしたのでした。


宮沢賢治にとって理想的な食べ物は、血をきれいにする野菜をはじめ、穀物や豆類、果物、木の実などの植物性植物を主に食べて、身体の浄化とそれに伴う魂の浄化を図りました。

 

魂の浄化とは「生命を重んずる」「命を奪わない」精神です。

 

宮沢賢治のベジタリアンの思想は、肉食の不利や菜食の利点を一個人の人間の内側だけに留めておくものではありませんでした。

この地球に存在する全ての生き物と自然、全世界を平安と幸福に機能させることだ。


飽食と飢餓に二分され、病んだ環境におかれている地球、戦争と殺し合いによって愛する人々を失っている人類、肉食と虐待によって生命と種を奪われているどうぶつ達。

菜食は、この崩壊しつつある世界を再生する一つの手段としていました。(にゃん子さんのブログより) 転載させていただきました

 

:::菜食のススメ:::

 

 

 

2017-11-24 18:13:00

12月〜4月まで降雪期の冬季閉鎖となります

11月30日から4月上旬頃まで冬季閉鎖とさせていただきます。

 

冬季閉鎖中のお問い合わせ、ご相談は、お問い合わせフォームからの電子メール受付のみとなります。

 

電話・ファックスは不通となります。携帯電話・スマートフォンは電磁波過敏症のため使用しておりません。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

 

尚、12月〜4月にかけては、ホームページやサーバーの大幅リニューアルを検討しており、また時期によってはデジタルデトックス中など通信環境が無く、コンタクトができない期間があるかもしれません。

 

送付されたメールがエラーで戻ってきたり、返信を希望する内容のメールを送信後、2週間を過ぎても返信が無い場合、恐れ入りますが連絡が取れない場所、もしくは状況にあると思って、しばらく経ってから再度コンタクトいただければ幸いです。

 

 

ご理解いただきますようお願いいたします。よい新年をお迎えくださいませ。

 

あらかい健康キャンプ村・健康市場 責任者 池谷純仁

2017-08-21 11:45:00

あらかい健康キャンプ村の療養利用申込手順について

あらかい健康キャンプ村での療養を希望される方、検討中の方へお知らせいたします。

 

左メニューの「対策&快復レポート」から「転地療養」ー「あらかい健康キャンプ村利用・療養申込について」というページを参照ください。


はじめに、電話やメール相談を経て、利用申込書と確認書を提出いただきます。

その後、利用開始日にむけて、療養に必要な品々と心構え、生活習慣(特に食習慣)改善など、事前の準備をすすめていただきます。



経験のない共同療養生活になりますので、不安やストレスを感じる方も少なくありませんが、自分以外に意識を向けて、自分の思い通りに他人や環境(外)を変えようとする意識(悪癖)が強くある方においては、それが病気や体調不良、体調悪化の主原因であることに気づいて、自分自身に意識を向けて、自身の機嫌をとり続け、気づいて,学んで,自分自身だけを変えて、心地よい選択をしつづけられる意識へとアップデートしていくチャンスを引き寄せます。

 

9月から秋冬シーズンの療養を考えている方は、南会津の気温が朝晩10度台、10月には初霜(氷点下)、11月から降雪もあるという点をふまえて、真冬の装備が必要となります。

全山紅葉で染まり、空気は澄み切って、秋晴れの夜空には満天の星空というギフトも用意されていますので、寒さにめげずにデトックス、体調改善方法の会得を望む方のご利用をお待ちしています(^0^)/

2017-05-25 07:11:00

キャンプ村療養条件〜通院・服薬中の不許可について

あらかい健康キャンプ村での療養相談、お問い合わせが増加してきています。

その中で、施設利用のガイドラインにある「通院・服薬中の不許可」についての制限解除を求める方が毎年数割いらっしゃいます。

 

環境汚染からの避難、転地療養の重要性、緊急性は、責任者である私(池谷)もCS・ES発症者であるため、十分理解しており、だからこそ、キャンプ村を開設した経緯があります。

医食同源という言葉がありますが、同源でありながら、「医(薬)」は自分以外(他人)の尽力、「食」は自努力が根底にあり、意思決定や責任、それらへの意識が外か?内か?にあることに重要な意味合いを持つ、対義的な人生訓であるように感じています。

 

化学物質過敏症の療養施設でありながら、化学物質を避けずに、摂取し,依存し続けること。

電磁波過敏症の療養施設でありながら、環境悪化度外視で化石燃料依存の便利さや、スマートフォンや、インターネット、SNS依存(中毒)から脱出できないこと。


体調が悪いから、緊急だから、大変だから、と目の前の状況だけで判断して療養をはじめてしまうと、隠された危険性や大きな矛盾が後々に必ず浮かび上がってきて、トラブルへとつながってきた経緯があります。

 

十年間の経験と実績をもとに、通院や服薬を医師の許可無く勝手に中断させて療養に来られた方が、キャンプ村での療養により体調を悪化させ、救急車の出動要請や時間外診療を希望することによって、地域医療施設に多大な迷惑おかけすることは不本意であり、スマートかつスムーズに体調快復をすすめるためにも、療養を希望するかたにおいては、利用ガイドラインを遵守していただくようお願いしております。

 

なお、当サイトの「対策&快復レポート〜長引く体調不良の原因を探ってみよう」というページに

薬を常時摂取したり、体調不良の際に服薬する習慣のある方は、こちらで効能と副作用についてチェック!

<お薬検索>をリンクしております。

 


現在の体調不良症状と、それらの副作用が一致するようであれば、まずお医者さまへ相談いただき、減薬、断薬による経過観察を通して、内観されてみてください。

 

なにとぞご理解、ご支援、ご協力のほど、宜しくお願いいたします。(あらかい健康キャンプ村 責任者 池谷純仁)

2017-05-24 06:15:00

脱水症状に注意の季節〜浄水を飲んで乗り切りましょう!

気温が低く、代謝が落ちる冬の間に身体の隅々にため込んでしまった,代謝分解できない数々の物質を、気温が上がる春から夏にかけて、身体は一気に解毒、排出しようと頑張ってくれています。

 

そんな時に気をつけたいのが「脱水症状」です。

気温が上昇し、晴天が続いて乾燥するので、水分をたくさん摂っているようでも、すぐに発汗、代謝、排出のために使われて、脱水症状になっている方が少なくありません。症状としては、のどの渇きや肌の乾燥などではなく、「頭痛」がわかりやすいと思います。

 

水分ならなんでもいいの?と、お味噌汁、お茶類、スープ類、ジュースやビール(はダメダメ(^_^;)、、、、を結構摂ってます、と思いがちですが、お水、白湯以外は、どうしても胃腸での消化作用が働いて、血液がつかれちゃうので、食事の水分以外は、美味しいお水や白湯を少しずつでいいので、頻繁にとってください。

 

頻尿になっても気にしないで、どんどん身体の中をトリートメントして掃除する気持ちで、浄水をとっていきましょう。

水を制限すると、体内の汚染度が高まって、内臓や血管、リンパ、膀胱などの内壁、細胞にダメージが避けられず、発がんを引き起こすケースもありますので、とにかくこの時期は、上質な水分を忘れずに摂って、元気に笑顔で乗り切りましょう!

 

そうそう、水分と同時に「塩分」も忘れずに! 梅干し、お漬け物、お味噌汁など。 ミネラル不足は、手足や各神経の痙攣を引き起こします。お気をつけください。

 

1 2 3 4